人気ブランド Tools72Belt General Puncher-BELT (並行輸入品)並行輸入品 PUNCH ツールボックス
人気ブランド Tools72Belt General Puncher-BELT (並行輸入品)並行輸入品 PUNCH ツールボックス
infinity-storeee/b00004t7ws-5518-KNH
5,200円 8,000円

■海外からのお取り寄せ商品の為、お届けまでに通常約2-10営業日を頂戴しております。■税関にて開封される場合がありますが、新品·未使用商品です。■並行輸入品のためパッケージに輸送時に伴うスレや傷がある場合がございますが、商品に問題はございませんので予めご了承くださいませ。

Binding:Tools & Hardware
Brand:General Tools
Label:General Tools
Manufacturer:General Tools
Model:72
PackageQuantity:1
PartNumber:72
ProductGroup:Kitchen
ProductTypeName:TOOLS
Publisher:General Tools
Studio:General Tools

■海外からのお取り寄せ商品の為、お届けまでに通常約2-10営業日を頂戴しております。■税関にて開封される場合がありますが、新品·未使用商品ですのでご安心ください。■並行輸入品のためパッケージに輸送時に伴うスレや傷がある場合がございますが、商品に問題はございませんので予めご了承くださいませ。

【すぐ届く】COACH ハドリー ホーボー シグネチャー キャンバス

    公開: | 更新:

    組織とは?良い組織をつくるためのポイントも紹介

    OKR導入から実践までのパーフェクトガイド「OKRの教科書」を無料で公開中

    日頃、漠然と使ったり耳にしたりする「組織」という言葉ですが、みなさんはどのような意識を持ってこの言葉を使用しているでしょうか?おそらく、この「組織」という言葉を厳密に定義して意識的に使っている人は少ないのではないでしょうか。

    今回この記事では組織の定義や、要素について分かりやすく解説していきます。

    <目次>

    人気ブランド Tools72Belt General Puncher-BELT (並行輸入品)並行輸入品 PUNCH ツールボックス

    組織という言葉は、非常に抽象的な言葉で、実を言うと、全ての人が納得できるような厳密な定義は存在しません。つまり、様々な視点からの複数の定義が混在している言葉なのです。広辞苑では、組織とは「ある目的を達成するために、分化した役割を持つ個人や下位集団から構成される集団」と定義されています。つまり会社に例えるならば、ある共通の会社としての目的があって、それを達成するために、個人が割り当てられた業務を遂行し、協力して仕事を行う集団と言えます。

    このように、広辞苑にも組織の定義については明記されていますが、ここでは、いくつかある定義の中でも一般的に「組織」の定義として引用される定義を紹介したいと思います。それが「バーナードの定義」と呼ばれるものです。この定義は、アメリカの経営学者であるチェスター・バーナードが提唱した定義です。「バーナードの定義」を参考に、組織とは何のかということについて考えたいと思います。

    バーナードの定義とはどのようなものなのでしょうか?まずは、その定義を見てみたいと思います。

    バーナードの定義とは、「組織とは、意識的に調整された2人、またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステムである。」というものです。なかなかわかりづらい表現ではありますが、簡単に要約してしまうと「2人以上で何かをやろうとしようとしている人たち」のように捉えてしまって問題ないかと思います。

    特に大事なのは、バーナードが提唱した組織を組織たらしめる3つの成立要件です。組織を理解する上で、この3つの要件は絶対に無視できないものなので、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

    共通目的

    まず一つ目の要件は、「共通目的」で、「組織目的」とも言われます。会社を例に挙げるとすれば、これは経営理念やビジョンが会社の共通目的にあたります。

    共通目的は、組織をまとめるための目標となるような存在だと言えます。この共通目的が明確で、組織全体で共通認識を持っていれば、組織内のメンバーは1つの方向に向かって進んで行けます。しかし、この共通目的が曖昧だったり明確でない場合、組織内でトラブルが発生してしまう可能性があります。共通目的は、社会に受け入れられるものであり、なおかつ市場で有効であることも重要です。市場で有効なものでなければ、企業は存続することができないからです。共通意識を持つことで、組織内だけでなく組織外からも指示を受けて、長く存続できる企業が生まれるのです。

    協働意思

    関税・送料込 DIOR iPhone シェル

    【STELLA McCARTNEY】メッシュミディドレス

    【THE NORTH FACE】ERIUS HOOD PULLOVER

    新作 [MAX MARA] 素敵な 花柄 クルーネック チュニック

    ★Calvin Klein Jeans★オーガニックコットン Tシャツ ワンピ

    組織の共通の目標・目的とは?

    組織を成立させるための一つ目の要件として「共通目的」について説明をしましたが、組織の目的・目標とはいったいどのようなものでしょうか。ここでは、組織の目的・目標についてより深く掘り下げたいと思います。

    組織における目的・目標と聞くと、売上や利益など、数値化できるものを連想する人が多いのではないでしょうか。たしかに、そういった目標も大事ではありますが、それだけが組織の目標とは限りません。

    自分が所属する組織、もしくは会社がどのような目的・目標を持っているのかを、組織全体で共通の認識を持っている必要があります。そのように考えると、組織が持つべき目標にもいくつか種類があることに気づくはずです。

    具体的には、組織の目的・目標は、これから紹介する3つの種類に分けることができます。

    意義目標

    ノースフェイス ☆ ロゴ プリント Tシャツ 関税送料込

    成果目標

    成果目標とは、個人や組織が取り組むべき、具体的な数値を掲げた目標です。営業であれば、成約数や売上額、マーケティングであれば、CV数や閲覧数などが、成果目標として設定される場合が多いです。

    行動目標

    公式正規品!★AIR JORDAN 1 UNIVERSITY BLUE

    この中でも、特に「成果目標」と「行動目標」は、数値管理がしやすく、目標設定もしやすいと言えます。

    [国内即発]ASSC Kiss the wall White Tee

    組織で目標を掲げる際には、「メンバー間でその目標を共有すること」が必要不可欠です。もし、誰か1人だけが「意義目標」が重要だと考えていたとしても、周りのメンバーが別々の目標を重要視していたら、それは共通の目標・目的とは言えません。

    日頃のミーティングなどコミュニケーションを取れる場で、常に今自分たちが意識するべき目標は何のかということを話し合うようにしましょう。そうすることで、共通の目標がメンバー間に浸透し、同じ目標を持って前に進むことができるのです。

    良い組織とは?

    ここまでは、「組織とは一体何のか。」ということについて解説をしてきました。ここまでの説明で、なんとなく組織というものがどのようにして成り立つのかということが見えてきたと思います。よく比較されるもので「集団」というものがありますが、ここまででわかる通り、「集団」とは、「共通の目的のない人の集まり」でしかありません。集団を経て組織が出来上がっていくのです。その点で、会社は最も大きな単位の組織と言えます。

    では、組織の定義についてはある程度理解できましたが、いわゆる「良い組織」とはどんな組織なのでしょうか?こちらも漠然と「良い組織にしよう。」などと使ったり耳にすることがあると思いますが、ここでは、「良い組織」とはどんな組織のことを指すのかについて考えてみたいと思います。

    「良い組織」とは、一般的に三つのパターンに分けられると考えられています。

    MIUMIU国内発送パールのブレスレット

    次に、社会に対して価値を提供している組織です。組織というのは、その存在価値が内部で完結するのではなく、組織外に対しても価値を提供することで、その存在価値が高まります。周りからの支持を得て求められる組織であれば、それだけ良い組織として存続することができるでしょう。

    最後に、組織内のメンバーが心地よく働ける組織です。先ほど、組織の存在価値は内部のみで完結してはいけないということに触れましたが、もちろん社内の環境が良くなければ良い組織とは言えません。なぜなら、組織内に問題があれば、それは必ず組織外にも影響を及ぼすからです。組織内でのコミュニケーションが円滑で意思疎通ができている組織であれば、非常に良い環境と言え、良い組織であると言えるでしょう。

    良い組織を作るための方法

    良い組織がどんな組織化ということがわかっても、それに向かう道筋がわからなければ意味がありません。ここでは、良い組織になるための三つの方法をご紹介します。

    人事評価制度の構築

    組織の成立要件の一つとして「協働意思」を挙げましたが、いくら会社やメンバーに対しての貢献意欲が高かったとしても、それが正しく評価されなければ、その意欲はどんどんと下がっていってしまいます。組織内のメンバーの貢献意欲を維持するためには、正しい評価を与えるための適切な人事評価制度が必要です。人事評価制度を導入することで、メンバーはモチベーションをキープすることができ、皆が貢献意欲を持つ良い組織が作られていくのです。

    理念やビジョンの共有

    当たり前のことですが、組織が大きくなればなるほど、組織としてのまとまりを維持するのが難しくなっていきます。そのような状況でまとまりを生むために必要不可欠なのが理念とビジョンです。理念やビジョンを組織内に共有することによって、成立要件の一つである共通目的を常に全員が意識している環境を作ることができます。組織としての目標・目的がはっきりしていれば、そこからメンバー個人の目標・目的に細分化していくことが可能となり、結果的に組織としての団結が増すことになるでしょう。良い組織を作り上げるためには、経営者などのトップが、明確で洗練されたビジョンを持っておくことが重要です。

    教育制度の確立

    三つ目の方法は、教育制度の確立です。良い組織を作る上で、理念やビジョンの共有はもちろん不可欠なものですが、それだけでは足りません。いくら素晴らしい理念やビジョンを持っていたとしても、組織内のメンバーがそれを達成するだけの知識やスキルを持っていなければ、それが達成されることはないからです。常に成長が求められている企業においては、教育制度が確立されることが必要です。スキルの向上ももちろんのことですが、組織の成立要件である、共通目的・協働意思、意思疎通の三つを中心とした教育制度を確立することによって、より良い組織作りが進んでいくことでしょう。

    CHRISTIAN LOUBOUTIN ミス ジェーン レオパード レザーパンプス

    AAKASHA☆非対称コットンフード付きスウェット533

    組織の定義付けは、様々な観点からなされていますが、まず組織には、「共通目的」「協働意思」「意思疎通」という三つの欠かせない要素があるということを理解しておくことが重要です。組織とは何なのか、理想の組織は何なのか、ということを自分なりに考えておくことで、より組織づくりに貢献していくことができるはずです。

    自社に合ったツールでスムーズな目標管理を!

    UNDEFEATED CARGO PANTS - TIGER CAMO

    組織を活性化させるうえで目標管理は非常に重要です。最近ではGoogleやFacebookが採用している目標管理フレームワーク「OKR」を導入する企業が増えてきており、目標管理が注目されています。

    • 目標管理が思うように成果につながっていない
    • 今の目標管理に不満がある
    • 【関税・送料無料】SikSilk★メッシ コラボ チェーン付フーディ
    • 会社の目標がわからない

    こんな課題を感じているのであれば、ぜひ一度目標管理ツールをご検討ください。

    目標管理を劇的に効率化するResily

    Resily公式サイト

    【FENDI】ロゴフラットサンダル**関税&送料込」は目標の共有・進捗管理、アクションプランの作成など目標管理に必要なコミュニケーションを効率的にするOKRコラボレーションツールです。

    世界的スタンダードになりつつある目標管理フレームワークOKRを、日本でも導入を進めるべく立ち上げられました。ツールの提供だけでなく、OKR専門のコンサルティング(コーチング)も行っており、現在大手企業も含め140社以上に導入されています。

    Mishka Lamour Supreme: Scum Love Tee

    おすすめ記事

    LOADING...

    マルニ MARNI TROPICALIA summerラージ 鞄 トートバック

    LOADING...

    OKRが社内に浸透するまで
    Resilyが徹底的にサポートします

    OKRのスペシャリストが組織の状態や既に運用されている制度をヒアリングさせていただき、スムーズにOKRを導入・運用するご提案をいたします。

    まとめ アイスの棒でつくる森の教会・小さな小屋 × 10個セット
    VISTURE.CA RSS